為替リスクについて

外国資産に投資するとき、必ずついてまわるのが為替リスクです。例えば、1ドル120円のときに、120万円分(1万ドル分)の米国株に投資したとします。その株価が10%上がって1.1万ドルになったとします。ところが、もしも為替が10%円高に振れて、1ドル108円になったとしましょう。すると、円換算した株価は1.1万ドルx108円=118.8万円ですから、当初の投資額である120万円から減っています。つまり原資産が上昇したにも関わらず、円高に振れたことで損をしてしまったわけです。外国株ETFの中には、こうした為替リスクを除去するために、為替ヘッジがついているものがあります。為替ヘッジがついているかどうかは、目論見書を見ればすぐに分かります。ところが、為替ヘッジつきETFを買えば良いかというと、実は単純にそうとは言えません。というのも、為替リスクをヘッジするためには、「ヘッジコスト」がかかるからです。

トレーダーMがおすすめするFXSuitについて

私がおすすめするFX会社は「3すくみスワップ投資法」と呼ばれるトレードテクニックがノーリスクで稼げると話題のFXSuitです。
FXSuitは取引条件も良く、「3すくみスワップ投資法」を実践すれば、確かに日々利益を出すことができます。

おすすめの記事