成功原理を身につけよう

成功するには、「損切りは早く、利は伸ばせ」というトレードの格言をだれもが一度は耳にしたはずだ。
トレードの知恵を表す名言には、簡単そうに思えるが、けっして簡単には習得できないし、実践するのはかなり難しいものがあるが、これもそういう名言のひとつだ。
一般論として言えば、トレードで着実に利益を積み上げていく人が極めて少ない理由は、勝ちトレードでの平均利益よりも負けトレードでの平均損失をずっと小さくしておく、ということの実際の意味を彼らが把握できていないからにすぎない。
これは本当にそれほど単純な話だ。
トレード人口のうちで、この成功原理を身につけていない九五%の人たちは大きく二種類に分かれる。

「儲けたら損する」人たち

彼らの資産曲線はたいてい、利益と損失を不規則に繰り返して上下しているだろう。
このグループに属する人が何度か連勝し、かなり長い間着実に成功し続けることも珍しくない。
しかし、着実に利益を積み上げたあとには必ず、とてつもなく大きいか急激なドローダウンを被るか、何度も連敗する。
「儲けては損する」人にとって良い話もある。
彼らは成功方程式を少なくともある程度は身につけているということだ。
彼らの資産が増え続けている期間があるということは、利益を積み上げていく能力がそれなりにあることを示す。
言い換えると、彼らはトレードで資金を積み立てる方法を学んだということだ。
彼らが学んでいないのは、あの手この手で損切りを先延ばしにさせようとする心の声に対抗するすべである。
例えば、現代では有り余るほどのトレード手法やシステムが利用でき、トレードで勝ち目があるかどうかを判断するのに必要なテクニカル面の知識を得ることができる。
言い方を変えると、うまくいきそうかどうかを見極めるのにかかるコストを考えると、そのトレードが利益になる可能性は極めて少ないので、続ける価値はないと分かる。
しかし、この判断を客観的かつ効果的に、つまり一貫して下し続けるには、特別なスキルが必要だ。
「儲けては損する」人たちはこのスキルに気づいていないか、たとえ気づいていても、うまく実行してトレード法を向上させるには不十分な理解しかしていない。
なぜなら、彼らは急激なドローダウンを被ると、通常は市場のせいにするからだ。
また、彼らの典型的な特徴として、損が少ないうちに手仕舞う機会はいくらでもあったのに、どんな理由にしろ自分で損切りを先延ばしにしたことは考えようともしないからだ。

負けが続く人たち

彼らの資産曲線は、着実に利益を積み重ねている人たちとは逆に、右肩下がりになるだろう。
このグループに属する人は、もうトレードは一生やらないと決心するときが来ないかぎり、トレードは簡単だという考えを捨てないだろう。
だが、簡単だと思いつつも、なぜ苦労しているのかは分かっていない。
彼らがついに危機を脱して、状況が好転するかもしれないと期待を膨らませるのは、勝ちトレードや「ニアミス」がときどきあるためだ。
しかし、そのあとはたいてい負けトレードが続いて、がっかりするはめになる。

トレーダーMがおすすめするFXSuitについて

私がおすすめするFX会社は「3すくみスワップ投資法」と呼ばれるトレードテクニックがノーリスクで稼げると話題のFXSuitです。
FXSuitは取引条件も良く、「3すくみスワップ投資法」を実践すれば、確かに日々利益を出すことができます。

おすすめの記事